2018年4月12日

平成30年度の展示をご紹介します

 明治150年記念事業として、明治維新胎動の地である山口県が歩んできた維新前夜の歴史について、関係6遺跡の出土品計149点を解説パネルとともに展示します。
 また、施設の一角を利用して、収蔵・保管資料の逸品を公開する「スポット展示」を開催します。

1 センター展示  明治150年記念展示「維新前夜の山口県-出土品にみる長州メソッド-」
【内  容】維新前夜の萩の町の暮らしぶりや、長州(萩)藩による日本の伝統的な製鉄技術による洋式軍艦の建造や鋳造技術による大砲の鋳造等、近代化への道のりを出土品により概観します。
また、長州奇兵隊の遺品や長州(萩)藩が攘夷から開国へ方針を変えるきっかけとなった事件もあわせて紹介します。
【展示期間】平成30年4月9日(月)~平成31年3月8日(金)
展示遺跡・出土品.pdf

2 スポット展示(上半期)  「幻の伽藍」(阿弥陀寺発掘調査の成果①)
【内  容】平成28・29年度に阿弥陀寺(防府市牟礼)の東側で実施した発掘調査により発見された、これまで知られていなかった寺院跡をご紹介します。
【展示期間】平成30年4月2日(月)~平成30年9月21日(金)まで

3 開館時間  午前8時30分~午後5時

4 休 館 日  土・日曜日、祝日・休日、年末・年始

5 入 館 料  無料

6 そ の 他  両展示とも、解説パンフレット(無料)をご用意しています。

P1030879.gif

P1030877.gif

2018年4月11日

平成30(2018)年度の事業をご紹介します。

 館内では、明治150年記念特別展示として、「維新前夜の山口県-出土品にみる長州メソッド-」を開催し、幕末期6遺跡の出土品を展示します。「スポット展示」では、平成29年度に発掘調査報告書を刊行した阿弥陀寺について、“幻の伽藍-阿弥陀寺発掘調査の成果-”と題して、上半期と下半期で展示替えをして行います。
 展示および展示品については、来館者の皆さまのご要望に応じて、当センターの専門職員がわかりやすく解説いたします。
 そのほか、平成28年度に発掘調査した出土品が県内7か所を巡回する巡回展「発掘された山口」や、親子古代体験等一般参加事業、出前授業等学校との連携事業など、盛りだくさんです。
 なお、山口県ひとづくり財団ホームページの「動画で見るひとづくり財団」で、センターの紹介動画をご覧いただけます。
 皆さまのご来館をお待ちしております。

2018事業案内_表面.pdf
2018事業案内_裏面.pdf

2018年3月 2日

本郷山崎遺跡(ほんごうやまさきいせき)現地説明会 ありがとうございました。

 山口県埋蔵文化財センターでは、長門市向津具下にある本郷山崎遺跡で発掘調査を実施しています。その成果を地域の皆様に紹介するため、2月24日(土)に現地説明会を開催しました。
 説明会では、弥生時代前期前半の大溝、古代から中世の土坑群などの集落に関わる遺構をみてもらいました。
遺物展示コーナーでは、大溝から多量に出土した弥生時代前期前半の土器、さまざまな道具としての石器、古代から中世の須恵器・土師器・瓦質土器・輸入陶磁器などを見ていただきました。
今回の発掘調査の検出遺構・出土遺物により、本郷山崎遺跡は弥生時代前期前半の初期稲作文化の東進ルート上の拠点的な集落であったことがわかりました。
幸いにも好天に恵まれ、約120名の方々の参加があり、熱心に説明を聞いていただきました。
今後とも、地域の歴史に興味を持っていただき、遺跡の発掘調査にご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

P1030801_2.jpg

現地説明状況

P1030818_2.jpg

出土遺物解説

2017年8月29日

「まいぶんスクール」-授業に活かせる埋蔵文化財講座-を開催しました。

 夏休み期間中の8月9日(水)に、山口県内の小学校・中学校及び県立学校等の教員14名を迎えて、「まいぶんスクール」-授業に活かせる埋蔵文化財講座-を開催しました。
 出土品等の資料を理解してその取扱に慣れ、授業の教材として活用できるようお手伝いし、学校における歴史教育の充実及び郷土を愛する心を育んでいただくことがねらいです。
 午前中は、埋蔵文化財の基礎知識やセンター収蔵の出土品の貸出・利用方法などについて、土器や石器に直接触れてもらいながら講義を行いました。また、午後には、出土品等を用いた指導方法や指導上の留意点、出土品等を用いた授業例について研修しました。その後、グループに分かれて、出土品等を用いた授業を学校現場で行う上での展望や課題について協議を行いました。
 「土器の破片を実際に触ってみることで、教科書や写真で学べないことができると実感した。」、「埋蔵文化財にこれまであまり接することがなかったため、現物(出土品)を見たり、触ることができて感動した。現物を見せた時の生徒の様子を見てみたいと思った。」などの感想があり、好評をいただきました。

★P1030711_2.jpg

2017年5月25日

体験学習を開催しました

 5月19日(金)、「光☆古代人の会」の皆さん11名が来所されました。
同会は、埋蔵文化財の保存活用事業の推進に係る光市の支援団体で、会員の土器復元技術等の向上を図る研修ために来所されました。
 土器復元実習では、センター職員の指導を受けながら、持参された土器の破片をもとに、各班に分かれて接合から石こう入れまでの一連の実技実習、大形土器の組み立ての順番、破片組み立て時のひずみの解消、石こうの入れ方等の実技実習、近世~近代磁器の復元、仕上げの実技実習等に取り組まれました。
 また、展示に向けてのレプリカ作成に係る留意点のほか、展示のコンセプトや見せ方、工夫点等を研修されました。
 会員の皆さんの研修姿勢もすばらしく、今回の体験学習が今後の活動の一助となれば幸いです。

P1030117_2.jpg

2017年3月17日

平成29(2017)年度の事業をご紹介します。

 館内では、平成28年度発掘調査の出土品を展示する「掘っちょる山口2016-遺跡が語るふるさと今昔物語-」、また年2回展示替えを行う「スポット展示」は、上半期に“江戸時代のまじない”の世界、下半期に江戸時代の化粧道具を展示する“江戸時代のビューティーテクニック”を開催します。なお、来館者の方々からのご要望があれば、展示品について当センターの専門職員がわかりやすくご説明します。
 このほか、平成27年度発掘調査の出土品が県内5か所を巡回する巡回展「発掘された山口」、一般参加事業や学校との連携事業など盛りだくさんです。
 また、山口県ひとづくり財団ホームページの「動画で見るひとづくり財団」で、センターの紹介動画をご覧いただけます。
 みなさんのご来館をお待ちしています。

2017事業案内_表面.pdf
2017事業案内_裏面.pdf

2016年11月 9日

古代人の衣裳を着て“ふるさとの歴史”にふれてみました!

 下松市にあるザ・モール周南は、大型ショッピング施設として知られています。11月5日(土曜日)にここを会場として、当センターでは下松市教育委員会と共同で「地域イキイキ☆ふれ愛まいぶん」事業を開催しました。古代人(になりきった?職員)が、興味を示された買物客に展示品~土器や石器など~を直接さわっていただき、やさしくわかりやすく“ふるさとの歴史”を説明しました。最初は少し驚かれた方も、しだいにうちとけて、はるかいにしえの世界に想いをはせながら見学…そのような雰囲気がただよっていました。そのうち自らすすんで弓矢や穂摘みを体験されてみたり、子どもには古代人の衣裳を着せて記念写真を撮影される姿があって、とても印象的でした。
 この事業は、その名のとおり“より多くの県民が埋蔵文化財を身近に見て親しむとともに、将来にわたって永く保存し継承して行くべき大切なもの”と認識を深めていただければと実施しました。おかげさまでその目的を達成し、無事終了することができました。見学者数も約300人と好評で、当センターとしては来年度以降も県内各地でこうした取り組みに積極的にチャレンジして行こうと考えています。ご支援をよろしくお願いいたします。

ふれ愛まいぶん写真.jpg

2016年10月28日

下松市で県内の遺跡出土品が一堂に会する展示会を開催します

 山口県内には、約3,000か所の遺跡が知られています。土木工事などに伴って、毎年いくつかの遺跡が発掘調査され、貴重な遺物が出土しています。
 このたび、こうした発掘調査の成果を身近に見て、出土品に直接触っていただくことのできる「地域イキイキ☆ふれ愛まいぶん」を開催します。この展示会は、下松市域をはじめ、郷土山口で発掘された縄文時代~江戸時代の23遺跡からの、特徴的な出土品50点が一堂に会する地域初の催しです。
 最新の発掘情報やふるさとの遺跡、出土品に接していただくことのできる絶好の機会です。ぜひ、ご来場ください。

○日 時  平成28年11月5日(土)  10:30~15:00
○場 所  ザ・モール周南 1F 海の広場(下松市中央町21-3)
○観覧料  無料
○その他  当日、アンケートにご記入(同伴者可)いただいた各組の中学生以下の皆さんに、先着順で山口県
       埋蔵文化財センターオリジナル缶バッチ【ほっちょるん】を差し上げます。
       限定300個。

2016年8月22日

巡回展(梅光学院大学博物館)で講演会とギャラリートークを行いました

 平成26年度に当センターが実施した発掘調査成果を紹介する巡回展「発掘された山口」が、梅光学院大学博物館(下関市向洋町1丁目1-1)にて、平成28年7月2日(土)~8月26日(金)の日程で開催されています。8月1日(月)に講演会と展示解説(ギャラリートーク)を行いました。
 講演会では、「遺跡・考古資料から見た下関地域の特性」と題して、写真や図表のスライドを示しながら説明を行いました。海に囲まれている点、九州及び中国・四国・日本海沿岸地域とのつながりが深い点、朝鮮半島・中国大陸に近い点などの地理的特徴を活かして、下関地域が地域間交流の中継点・クロスロードとして歴史的に重要な役割を果たしてきたことが、遺跡・考古資料を通してうかがわれます。こうした旧石器時代から近世幕末期までの具体的考古資料と他地域との比較を交えて、下関地域の特性を紹介しました。
 展示解説では、講演会で紹介した遺跡や考古資料と関連づけて、展示品の特徴などのポイントを簡潔かつ具体的に説明しました。皆様、熱心に聴講していただき、ありがとうございました。
 次の巡回展は、平成28年9月3日(土)~9月25日(日)に防府市文化財郷土資料館(防府市桑山2丁目1-1)で開催されます。梅光学院大学会場ともども、ぜひ、ご見学いただければ幸いです。

巡回展(梅光)講演会等写真(ホームページ).jpg

2016年6月 7日

巡回展(山陽小野田市歴史民俗資料館会場)で、講演を行いました

 当センターが平成26年度に実施した発掘調査成果の巡回展「発掘された山口」が、6月3日(金)から6月26日(日)まで、山陽小野田市歴史民俗資料館で開催されています。
6月3日には記念講演を行いました。山陽小野田市の歴史に関心の高い14名の方々に参加していただきました。誠にありがとうございました。
 記念講演では、山口県の地域性としての山陽道を踏まえて、古代の厚狭郡家(あさぐうけ)、厚狭に残る条里遺構と、郡衙(ぐんが)や駅家(うまや)の推定位置にまつわる話をさせていただきました。
 厚狭の地面の下に眠る古代の遺跡とその痕跡を知っていただくことで、今まで以上に郷土の歴史に興味を持っていただけたらと思います。
 展示は6月26日(日)まで開催中ですので、ぜひ一度足を運んでみてください。
次回は、7月2日(土)から8月26日(金)まで、下関市の梅光学院大学博物館で開催いたします。引き続きよろしくお願いいたします。

DSCN8714_3.jpg