[2018年10月] アーカイブ

2018年10月26日

萩市で県内の遺跡出土品が一堂に会する展示会を開催!

 山口県内には、約3,100か所の遺跡が知られており、土木工事などに伴って毎年いくつかの遺跡が発掘調査され、貴重な遺物が出土しています。
 このたび、こうした発掘調査の成果を身近に見て、出土品に直接触っていただくことのできる「地域イキイキ☆ふれ愛まいぶん」を萩市で開催します。この展示会は、萩市を含む県内25遺跡から発見された、縄文時代から江戸時代までの出土品約120点を展示・公開する地域初の催しです。
 このうち、明治150年記念事業として、国史跡の恵美須ヶ鼻造船所跡・大板山たたら製鉄遺跡(萩市)出土品約50点のほか、萩城跡外堀地区(萩市)・奇兵隊陣屋跡(下関市)出土品約30点を特別展示します。
 古代人風の衣装を着装した担当職員がわかりやすく解説するとともに、古代衣装の試着体験コーナー(対象:小学生以下程度)も併設しています。
 ふるさとの遺跡、出土品に接していただくことのできる絶好の機会です。ぜひ、ご来場ください。

○日 時  平成30年11月4日(日) 10:30~15:00
○場 所  アトラス萩店(萩市御許町42-1) 1F あとらす広場
○観覧料  無料

平成29年度「地域イキイキ☆ふれ愛まいぶん」のようす
(会場/おのだサンパーク[山陽小野田市])
P1140266①.gif
P1140273②.gif